日焼け止めは正しく塗ろう|肌のダメージを防ぐ方法

肌に優しいものを使う

化粧品

しっかりと対策を行なう

日光に当たることで、ビタミンD不足を防ぐなどのメリットがあります。一方で、紫外線を長時間浴びてしまうことで、皮膚にさまざまな悪影響を与えてしまうこともあるのです。また、美容にもデメリットがあります。紫外線は、シミやシミなどの原因になってしまうのです。しかし、紫外線を全く浴びずに生活することは困難だという方も多いかと思います。そんなときには、紫外線対策をしっかりするようにすると良いでしょう。日焼け止めなどを使用することで、シミやシワを防ぐことにも繋がるのです。日焼けをすることで、メラニンの生成は活発に行われてしまいます。メラニンは、シミの原因なのです。最近では、日焼け止めを年中塗っているという方も増えています。また、日焼け止めの種類も豊富です。敏感肌の方やお子さんには、オーガニックや無添加の製品が向いているといえます。お肌に優しい成分で作られているものも増えています。また、赤ちゃんでも使用できる日焼け止めもあるのです。赤ちゃんが使用できるものは、大人のお肌にも優しいといえます。また乾燥肌の方向けの、美容液成分や保湿成分が配合されている日焼け止めも人気です。種類が増えており、それぞれのニーズに合ったものを選びやすくなっています。最近では、シリコンフリーのものやオイルフリー、アルコールフリーのものなどの需要も高まっているのです。最近では、小さいころからの紫外線対策を推奨するお医者さんもいらっしゃいます。

ウーマン

選定のポイント

日焼け止めはシーンに応じた適切な強さのものを選ぶのが重要です。強すぎても肌の負担になるからです。顔用と体用を分けること、付け心地を確かめることも重要です。日焼け止め成分配合のBBクリームや美容成分配合のものなどもあり便利です。

Read More

婦人

太陽光から肌をプロテクト

紫外線によるダメージは、主にUVAとUVBの2種類の光によって生じてきます。プロテクト指数を確認して、問題となる光を確実に防げるような日焼け止めを選ぶことが美肌を保つ秘訣です。光によってもたらされるダメージや、季節によって変わる光の強さも確認しておくと役立ちます。

Read More

クリーム

日焼け対策

日焼け止めクリームを使用するときには、出かける30分前ぐらいに塗り、肌になじませるようにしましょう。塗り忘れに注意し、2〜3時間おきにこまめに塗りなおすことがおすすめです。飲む日焼け止めサプリとの併用も効果的です。

Read More

Back to Top