日焼け止めは正しく塗ろう|肌のダメージを防ぐ方法

日焼け対策

クリーム

こまめに塗りなおす

紫外線は美肌に大敵といわれています。紫外線が強い季節には、日焼け対策が必要です。日焼け対策のひとつが、日焼け止めクリームの使用です。日焼け止めクリームは、外出時の30分前には塗っておくことがおすすめです。肌になじむまで30分程度かかるといわれているからです。効果が出るころに外出できるようにしましょう。また、特に顔に塗る前には、化粧水や美容液で肌を整えておきましょう。日焼け止めクリームは、塗りすぎる必要はありません。適量をしっかり伸ばして丁寧に塗るようにしましょう。日焼けしやすい部分は、重ね塗りすることもおすすめです。化粧下地やファンデーションを重ねると、より紫外線を防ぐことができます。体の場合は、耳や首の後ろなど、塗ることを忘れやすい部位があります。水着のような普段露出しない部位は、より塗り忘れしやすい部位が出てくるので気を付けましょう。日焼け止めクリームの効果を保つためには、2〜3時間おきに塗りなおすことがおすすめです。こまめに塗りなおすことで、紫外線から身を守ることができます。また、最近では飲む日焼け止めサプリが注目されています。抗酸化作用のある成分が配合されており、体の内側から日焼け対策ができるものです。長時間効果が持続し、うっかり紫外線を浴びた後に飲んでも効果があるといわれています。日焼け止めクリームと併用することで、体の外側からと内側から、両方からの日焼け対策ができるのでおすすめです。

Back to Top