日焼け止めは正しく塗ろう|肌のダメージを防ぐ方法

太陽光から肌をプロテクト

婦人

光の違いを知り万全の対策

日焼け止めを選ぶ時に気を付けたいのが、プロテクト出来る紫外線の種類です。肌に悪影響を与える紫外線には、UVAとUVBがあります。これらの光は、肌に当てた時に少し異なる影響を及ぼします。美肌を保つためには、このようなUVAとUVB両方を防ぐことが肝心です。市販の日焼け止めには、大抵はUVAとUVB両方の紫外線を防ぐ効果が備わっています。最近は、パッケージの部分にプロテクトの指数が表示されているため、製品の性質はすぐに分かります。UVAは、近年その悪影響が美容業界でも問題視されてきました。UVBに比べると受けるダメージが分かりにくく、知らない間に浴びてしまう可能性が高い紫外線と言えます。UVAの悪影響は肌の内部まで及ぶことから、老化のスピードを確実に加速させてしまう要因の1つです。このUVAを防ぐ効果は、PAと呼ばれる指数で表されます。現在の日焼け止めには、PAの指数が必ずと言ってよいほど表示されていますので、チェックしておくと、肌老化を防ぐ日焼け止めが選べます。UVBを防ぐ効果を示すのは、お馴染みのSPFという指数です。UVBは、肌の炎症やメラニン色素の活性化などに関係しており、以前から日焼け止めに多く表示されてきました。SPF値の高い日焼け止めは、紫外線を浴びた後の赤みや肌色の変化を予防してくれる効果が高いと解釈出来ます。紫外線に含まれる光の種類は、季節によっても変わると考えられています。ですので、使用する時期に合わせて、最適なPAやSPFの商品を選ぶのが良い選択です。

Back to Top